時代が進むにつれて、音楽を再生する媒体も様々な変化を遂げ、今では携帯でも音楽が聴ける時代が到来しています。

音楽の再生媒体とその変化について
音楽の再生媒体とその変化について

音楽の再生媒体とその変化について

一昔前は、音楽を聴く際に必要な機器はレコード・プレーヤーやカセット・デッキでした。アナログ時代は再生機もその媒体も非常に手入れが必要でした。特にレコードは、再生機に搭載されている針や媒体自体が湿度や日光に弱いなど、しっかりと管理することが必須でした。しかしデジタル技術の発達によってCDが登場したことでそうして手間が省け、しかも媒体自体が非常に小さく軽量で部屋のスペースを取らない等、大きな利点が生まれました。プレーヤーもリビングに置く高級タイプから携帯が可能なものまで、用途別に様々な製品が登場しました。

その後、CDをコンパクトにしたMDが登場し、携帯性は更に進みました。最終的には、音楽を一つのデータとしてとらえて、パソコンやデジタル変換した専用機で聴くという考え方が生まれました。MP3やFLACなど様々なデータ様式が登場し、加えて圧縮技術も進歩したことから、大量のデータを専用機に入れて音楽を楽しむことが出来るようになりました。

最近では、携帯電話やスマートフォンで音楽を楽しむことが出来るようになり、しかもネットに接続することで、専用サイトから自分の好きなジャンルの音楽を、いつでも手軽にダウンロードして聴くことが出来るようになりました。

Copyright (C)2015音楽の再生媒体とその変化について.All rights reserved.